転入届の手続きについて

引越し見積もりの料金比較 1分で完結 引越し業者90社以上から、簡単&無料で一括見積もり
引越しお役立ち情報

「転入届」 ~引越しに必要な手続き~2

「転入届」に関しては、実際に引越し先に住み始めてからしか受理する事が出来ないため、「転出届」とは違い引越し前に手続きをする事が出来ません。「転入届」を提出の際は、転出届の時に発行された「転出証明書」が必要です。そのほかに、印鑑と本人確認書類を持参して引越し先住所を管轄している役所に行き手続きしましょう。「転入届」は、引越し日より14日以内に提出しないと、5万円の過料を支払わなければなりませんので忘れないように注意しましょう。

委任状があれば代理人でも手続きできる

「転入届」は引越しする本人、または同じ住民票に記載されている方(同じ世帯の方)が提出しましょう。万が一どなたも提出が困難な場合は代理人でも手続き可能ですが、その際は本人の委任状と代理人の本人確認書類が必要となります。この代理人申請は、「転入届」に限らず「転出届」や「転居届」などでも可能です。その場合も本人の委任状と代理人の本人確認書類を用意しましょう。

おかげさまで、多くのユーザー様にご利用頂いております。

QRコード対応ケータイなら上のQRコードを読み取るだけでモバイル版のURLが表示されます。
ezweb トップメニュー > カテゴリで探す > 住宅・健康・暮らし > 引越し価格ガイドEZ