引越し新居での近所への挨拶

引越し見積もりの料金比較 1分で完結 引越し業者90社以上から、簡単&無料で一括見積もり
引越しお役立ち情報

引越し後 近隣関係者への挨拶

昔に比べて引越しの挨拶をされないという方が多くなってきていますが、新生活を気持ちよく快適に始めるためにも、引越しの挨拶はした方が良いでしょう。最低限挨拶しておいた方が良いのは、戸建て住宅の場合は向かいの3軒と両隣、あと裏のお宅で、マンションのような集合住宅の場合は、両隣と真上と真下のお宅です。引越し当日は、引越しトラックが出入りし道路や通路をふさいで邪魔になりますし、荷物の搬入時には大きな物音を立てたりと、近隣の方々に迷惑をかけますので、引越しの挨拶は出来るならば荷物の積み下ろしが始まる前にしておくと、引越し作業を気兼ねなく出来るのでオススメです。もし引越し当日が忙しく挨拶が出来なかった場合は、翌日には挨拶に行きましょう。小さなお子様がいる方は引越しの挨拶の時にその旨を伝えておくと、多少の泣き声や足音は我慢してくれるかもしれませんね。引越しの挨拶品は、旧居での挨拶品と同じく日用品が人気です。また旧居の名産品を贈っても喜ばれます。それらの挨拶品には、水引きに「御挨拶」と「名前」を書いた熨斗を付けましょう。名前を覚えてもらえ良い印象を与える事が出来ます。
しかし一人暮らしの女性の場合は、必ずしも引越しの挨拶をすべきではありません。女性の一人暮らしとわかってしまうとトラブルに巻き込まれる可能性が高くなりますので、心配な方は大家さんや管理会社に相談してください。

挨拶の品は事前に準備

引越し当日は、大きな物音や車の出入りで近隣の方々に迷惑をかけてしまいますので、出来るならば引越しの挨拶は引越しの当日に行うのが望ましいです。引越しの前後はなにかと忙しいので、引越しの挨拶品は事前に用意しておく方が良いでしょう。挨拶品は、タオルや石鹸、プリペイドカードなどが人気です。遠方から引越しされる方は、旧居の名産品を贈るのも良いですね。

挨拶のタイミング

新居への引越しが完了したら、出来るだけ早めに近隣の方々へ挨拶をしましょう。家族の中に小さなお子様や高齢者がいる方は、挨拶時にその旨も伝えると後々のお付き合いに良いでしょう。

おかげさまで、多くのユーザー様にご利用頂いております。

QRコード対応ケータイなら上のQRコードを読み取るだけでモバイル版のURLが表示されます。
ezweb トップメニュー > カテゴリで探す > 住宅・健康・暮らし > 引越し価格ガイドEZ