引越し 粗大ごみやダンボールの処分

引越し見積もりの料金比較 1分で完結 引越し業者90社以上から、簡単&無料で一括見積もり
引越しお役立ち情報

荷造り前に要チェック いらないものは処分!

引越しが決まり荷造りを始めると、ずっと着ていない服や使用していないものがたくさん出てくると思います。引越しするこの機会に、使わないものは処分すると良いでしょう。一般的に家に置く荷物は、家財を平均1mの高さに並べたとして家全体の面積に対して35%以内であれば、快適な住環境であると言われています。出来るならば、この35%以内になるように使用しなくなったものはどんどん処分しましょう。中でも大型家具などの粗大ゴミは簡単に処分出来ませんので、出来るだけ早めに処分方法を決めないと、引越し日に間に合わなくなります。中には引越し当日に持ち帰って処分してくれる引越し業者もありますので、見積もり時などに確認してみましょう。ただその場合は、オプション料金が別途発生する事を覚えておきましょう。
テレビや冷蔵庫、洗濯機などの大型家電は、家電リサイクル法の施行により、通常の粗大ゴミとして処分する事が出来ません。買い替え、または以前購入した電気店に引き取ってもらいましょう。その際も別途リサイクル料金が発生します。まだまだ使用できそうな家具や家電、衣類などは、リサイクル業者に買い取ってもらうのも賢い引越しの節約方法です。売りたい品がたくさんある場合は、出張買取サービスを実施している業者もありますので利用すると便利です。
いらないものを処分したり、リサイクル業者に売ってお小遣いを稼いだり、また荷物量が減る事によって引越し料金も安くなったりと、引越しするこの機会に賢くお得に家中を整理整頓して、すっきりとした住まい作りを手に入れてみませんか。

粗大ごみの処分は・・・

不用になった家具などの粗大ゴミを処分しようとしても、簡単に捨てる事が出来ません。出来るだけ早めに処分の手配をして、引越し日に間に合うようにしましょう。粗大ゴミの処分方法は、市区町村の清掃事務所に連絡して回収依頼と日時の予約すれば、回収に来てくれます。別途回収費用は自治体によって異なりますのでお住まいの地域のホームページにて確認しましょう。
大型家電(エアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫)は、家電リサイクル法により処分方法が定められているので、 粗大ゴミでの処分は出来ません。家電リサイクル法の規定通りに処分しましょう。
引越し当日に持ち帰って処分してくれる引越し業者もありますので、処分するものが決まったら一度引越し業者に相談してみましょう。

引越しで使い終わったダンボールは・・・

引越し先で梱包を解き中身を収納し終えたら、そのダンボールは不用になります。ゴミとして捨てようにも大量にあるため処分するのも一苦労です。引越し業者より無料でサービスされたダンボールは、ほとんどの引越し業者で使用後に無料で回収してくれます。回収日時は引越し当日に業者が帰る前に確認して決めておきましょう。

おかげさまで、多くのユーザー様にご利用頂いております。

QRコード対応ケータイなら上のQRコードを読み取るだけでモバイル版のURLが表示されます。
ezweb トップメニュー > カテゴリで探す > 住宅・健康・暮らし > 引越し価格ガイドEZ