ワレモノの引越し荷造り

引越し見積もりの料金比較 1分で完結 引越し業者90社以上から、簡単&無料で一括見積もり
引越しお役立ち情報

ワレモノの荷造りはここがポイント

お皿やグラスなどワレモノの梱包は、一番注意が必要です。ワレモノ同士が直に触れ合うと破損の恐れがありますので、ワレモノを一つ一つ新聞紙や緩衝材などで包み、ダンボールの底にも緩衝材を敷いてから詰めていきましょう。皿などの平たいものは立てて、グラスやカップなどは伏せた状態で詰めていくと、外部からの衝撃に強くなります。また、詰めていく過程で食器と食器の隙間を新聞紙や緩衝材などで埋めていくと、食器が動かず破損防止になります。梱包後はダンボールに、「ワレモノ注意」と忘れずに記載しましょう。
瓶類の調味料は新聞紙で巻いてから、隙間が出来ないように立ててダンボールに詰めていきます。開封済みの調味料は液漏れ防止のため、ダンボールに詰めた後ダンボールの蓋をせず空けたままにしておくと、引越し業者が運搬の際注意してくれます。

自分で荷造りを出来ないものは・・・

頭上高くにあるシャンデリアのような証明器具やガラスケース、大型家具や大きな鏡などは、自分では梱包出来ません。これらの梱包出来ないものは、事前に引越し業者に問い合わせて、指示を仰ぎましょう。引越し業者が梱包してくれる場合もあります。

おかげさまで、多くのユーザー様にご利用頂いております。

QRコード対応ケータイなら上のQRコードを読み取るだけでモバイル版のURLが表示されます。
ezweb トップメニュー > カテゴリで探す > 住宅・健康・暮らし > 引越し価格ガイドEZ